藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

インフルエンザは怖くない、ワクチンも不要、何をする?

健康・美容

インフルエンザは怖くない、ワクチンも不要、何をする?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

最強の感染予防だ!

結論から先に言ってしまいましょう。ズバリ、乾布摩擦!!お金も時間も掛からなくて、
しかも最高の感染予防に成るんですよ。時間は3分~5分で完了して

しまいます。朝特に急いでいて時間が無い時は、上半身とお腹だけで
済ませても、効果は充分に有りますよ。

以下は私の尊敬する武田邦彦中部大学教授がワクチン接種に関して次の様に発言して居ますので其れを見てみましょう。

以下 武田邦彦教授

第一に、これまで日本政府は「ワクチン情報を国民に知らせないで、接種を強制した」
ということです。ワクチンには一定の危険性があり、それがゼロではないのに「安全だ」を繰り返して強引に集団接種を繰り返しました。

感染性の病気のワクチンは、それでも若干の屁理屈があります。つまり、接種を強制しないと接種率が下がり、感染性の病気が社会に蔓延することを防ぐことは

できないし、「国民はバカだから、少しでも危険というと過度に
考えすぎるから」ということで危険性を言わなかったということです。

感染性のない病気でも、子宮頸がんワクチンのように政府、自治体、
マスコミが一体となって「打つべき」を繰り返し、危険性を

認識できないままに接種に応じて重篤な副作用で苦しむという例が
ごく最近にもでていることです。

厚生労働省や担当医師が、「国民全体が病気にならなければ自分の成績が上がる。一人二人がどうなってもそんなことは問題ではない」と今でも思っているので、ワクチンを打つことはかなり危険なのです。

第二に、今度は「ワクチン反対派」の問題です。ワクチンが危険だという妄想を抱く人が居て、その人がある事ないことをネットなどで発信するので、
一般の人が動揺するということです。

たとえばインフルエンザの予防接種で「インフルエンザなどまったく
効果がなく、副作用だけ」というようなことです。かなり有名な方の

論拠を調べてみると、古いデータと新しいデータ、子供、成人、老人の
データなどを巧みに組み合わせ、自分の主張に都合のよい結論を
出しているということです。

なぜ、その人が奇妙なことを言っているのかということですが、第一に
「思い込みが激しい」、第二に「科学の訓練を受けていない」

、第三に「有名になりたい」、第四に「自分とか子供が被害を受けて、
それを一般化している」などが考えられます。

しかし、私たち自身、もしくは子供のことを考えると、大切なのは「より安全で健康な生活を送るにはどうしたらよいか」ということです。

実に奇妙なのですが、これだけ多くの関係者が居ても、私はほとんど「本当のこと」を言っている人が少ないのです。厚労省関係者は「国民はバカだ。安全と言うしかない」と思っていますし、反対派は「何が何でも反対」と言っています。

正しい考えは次の通りです。

毎年、冬に流行するインフルエンザでは死亡者数が約2000名、超過死亡数が15000名程度で、その8割が65歳以上の高齢者です。2000名という死亡者数は「インフルエンザが直接の原因となって死亡する」ということですが、15000名という方は、インフルエンザが

引き金になって肺炎で死亡したり、もともと老衰で死期が近かった人が
インフルエンザが元になって他の病気を発症して死亡したものをいれた
数字です。

どちらに統一するということはできませんので、私たちは
「毎年インフルエンザで、2000人から15000人程が死亡するのだな」
という感じで捉えるのが適当です。

これに対して、ワクチンを打った場合の「ワクチンが原因して死亡した」
人の数は、ほぼゼロですが、重篤な副作用は4000万人の接種で
14人程度とされています。

私は次のように考えています。

1) インフルエンザで死亡する人は約5000人ぐらい。

2) 副作用で重篤状態になるのは10人ぐらい。

3) だからワクチンを接種したほうが自分にとってより安全。

4) だから毎年、打つ。若干の副作用がある感じがするが、あっても
軽度の風邪気味ぐらいだから打つ。

5) 妊婦、乳幼児もワクチンを打つと安全性が上がるが、心配もあるので、
ほとんど外にでないで済む場合は家族がワクチンをうち、家に帰ったら
手を洗い、うがいをして妊婦と赤ちゃんを守る。


6) 妊婦と乳幼児の摂取基準は科学的合理性をもって決められているので、
危険はない。ただ免疫系が完成していない赤ちゃんは効果が少ないこともある。

7) インフルエンザ・ワクチンの卵白の問題はほとんどなくなったが、
それでもアレルギーの強い人は一応、よく医師と相談したほうがよい。

こんな感じです。あまり感心しない「反対派」の方の論拠で、
「厚労省がいい加減なことを言ったから、その反発でワクチンに反対している」

というのがありますが、私たちや子供の健康は厚労省より大切なものですので
反発で国民を危険に導かないようにして欲しいと思います。

問題がこじれたのは厚労省の説明不足、というか国民をバカにした行政にありますが、良心的な医師、優れた研究者はこの分野では多くおられますので、確実で科学的な根拠で自分や家族を守ってもらいたいと思います。

繰り返しますが、私は若干の副作用はあるのですが、毎年、受けています。
その理由は仕事があって休めないこと、休まないと危険になること、
私が感染すると他人に感染させる可能性があり、家族や社会に迷惑を
かけること、などが接種を続けている理由です。

以上が武田邦彦教授の御意見です。

私は此の御意見に少し違和感と云うか、引っかかるものを感じました。
特に教授がワクチン反対派の著名人と表現されている方への御意見の中で

【第一に「思い込みが激しい」、第二に「科学の訓練を受けていない」、第三に「有名になりたい」、第四に「自分とか子供が被害を受けて、それを一般化している」】

と有るのですが、此の御意見は教授らしくない、非科学的な御意見で説得力に欠けていると感じました。

1.ワクチン(予防接種)は効果がない
2.予防するはずの病気の原因となりうる
3.子供にとって有害
4.公衆に対する虚偽の共謀
5.安全性確認の試験の実施を妨害していた

これ等はイギリスの情報公開法に依って 30年もの間極秘に成って居た政府の公文書が明るみに出た際、其処で記述されて居たものです。

此れを皆さんはどう思われますか?
1はワクチンの効果をバッサリと否定していますが事実と
少し違いますね。効かなかったものも有ったのでしょう。

2は当たり前の事ですね。少しも変で有りません。

3は意見の別れる所ですが武田教授も仰られている様に
免疫系が未発達の子供だと有害と思いますね。

4と5は製薬会社とある種の医者たちが国民の健康を
第一に考えているのではなく、ズバリ金儲けに奔走している事を
示しています。

そう言えば免疫学の世界的研究者だった安保徹博士が
急に亡くなられて暗殺が囁かれていましたね。

暗殺説の根拠は生前に博士の研究室が何度も荒らされていた事。
博士自信が「私が死んだら殺されたと思って下さい」と
講演の最中に発言している事が挙げられます。

博士の著書や講演会に製薬会社やある種の医者たちが
危機感を持っていた事は想像に難く有りませんね。

皆が一斉に乾布摩擦を始めたら、この種の会社や医者達は
困り果てることでしょう。

そして政治家、厚労省の役人達の顔を札束で引っ叩き
乾布摩擦禁止令を要請するかもしれません。

勿論その前にマスコミを抱き込んで乾布摩擦有害論を
バラ撒く事を忘れないでしょうね。

さあ皆さん、一斉に乾布摩擦を始めようではありませんか!

免疫力も上がる、美味しい「かどや」の黒胡麻プリン

必見!衝撃の報告に唖然とする。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村