旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

札幌 ジンギスカン 絶品が凄いぞ!

健康・美容

札幌 ジンギスカン 絶品が凄いぞ!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ジンギスカンって奥が深いんだなぁ

道産子が最も頻繁に食するのがジンギスカンなのです。

ジンギスカンには大きく分けて2種類有るのですが、

一つは生の肉をジンギスカン用の鍋で焼き、タレをつけて食べる。

もう一つは生肉をあらかじめタレに漬け込んでから焼いて食べる。

ここに御紹介するのは後者のタイプで根強い人気のある

松尾ジンギスカンです。

1956年(昭和31年)北海道の滝川町で産声を上げた

松尾ジンギスカンは以来ジンギスカン一筋に味を追求してきました。

私が初めて松尾さんのジンギスカンを知ったのは創業から3年経った

昭和34年でした。夏真っ盛りの8月5日、母親が円山市場から帰って来て

暑い暑いと言いながら「こんなのがあったよ」と買い物籠から取り出して

見せて呉れたのが最初の出会いでした。それまでジンギスカンと言えば

焼いてからタレを付けて食べるものと決め込んでいた我が家に、まあ

大袈裟に言うと革命、ジンギスカン革命が起こった日でしたので

日付まではっきりと覚えています。

秘密にされたタレに漬け込まれたマトン、ラムが

新しいジンギスカンの世界を届けてくれたのです。

その日から半世紀を経て松尾ジンギスカンは  

更に進化を遂げていました。

益々自然な風味が食欲を注いでくれます。

松尾さんのジンギスカンは専用の鍋でなくても

美味しく食べられるのが嬉しいですね。

生肉を焼いてタレをつける食べ方は

溝を切っているジンギスカン鍋でなければ

美味しさが出て来ませんが、松尾さんが漬け込んだ

お肉だとフライパンで焼いても美味しく頂けるんです。

ですので北海道人として自慢出来るし誇りに思えるのです。

通販で全国どこででも手に入る今日,日本国民として嬉しさが

込み上げて来ます。

是非お試し下さい。

今ご覧下さっている無料ブログ、キュレーションサイトが誰でも簡単に!          ☟    ☟    ☟

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
  • 今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?

カテゴリー

月別アーカイブ

指先一本で成り上がる世にも奇妙な稼ぎの仕組みとは?